KEN-BOOUのブログ

毎日1記事を目指してコツコツ記事投稿していきます。

2019年 rugby World Cup 日本大会 ラグビーの魅力に迫る

スポンサーリンク

ラグビーの魅力を伝える為にブログを書いております!

 

今回もラグビーのルールやプレー中の選手の心境などを経験をもとに伝えていければと思いますのでどうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

ラグビーの基本中の基本であるまず選手は必ず立ってプレーしなければなりません

 目次

 

例えば、タックルされて倒れた選手は倒れたままプレーに参加は出来ません!

勿論、タックルした選手も倒れたままではプレーに参加は出来ません!

 

 

ノット・リリース・ザ・ボール

 

 

ボールを持った選手がタックルされて倒れた際に速やかにボールを離さないといけなのですが、相手選手はもちろんボールを奪いに来ますよね?

 

もしくは、相手選手はボールを離させない様にボールに絡んで来ます!

このプレーを(ジャッカル)と呼びます!

また、このボールを離さなかった反則を(ノットリリース・ザ・ボール)と呼びます!

 

ボールを持ってる選手としては味方選手が早く来てくれないと、ボール離さないといけないし、ジャッカルされてしまうし1人で孤立して倒されてしまうと敵チームのボールへと攻守が変わってしまいます!

 

このボールに絡むプレーはかなり味方としてはチーム内が鼓舞されますね!!

 

オフサイド

 

 

 

次に陣地稼ぎの際にロングキックで陣地を稼ごうとボールを蹴る際にボールキャリアより前に居る選手はプレー出来ません!

 

蹴った選手より後ろに居る選手がボールを追いかけますが、前に居る選手を追い越して初めてプレーに再び参加出来る状態になります!!!

 

もし、ボールキャリアより前に居る選手がボールキャリアより後ろの選手が追い越す前にプレーするとオフサイドの反則を取られます!!

 

ん〜、、、ラグビーって難しい!!笑笑

 

ノーボールタックル

 

 

 

アメフトの様にボールを持って居ない選手を邪魔したり(分からないところではしてますケド、、、笑)

タックルしたり←  こんな事したら一発退場になります!!

大ブーイングですね!!笑

 

タックル行く方はもう、タックルのモーションまで入ってるので止められませんよね!笑

 

たま〜にですけど、ボールをパスした後にタックルを受ける事がありますが1番ツライです!!

 

勿論これも(ノーボールタックル)という反則になります!!←1発退場かシンビン(一時退場を取られます!!

 

 

 

1番力の抜けてる状態からのタックルは本当痛いを通り越して何が起きたのか分からない感じですかね、、、笑

1番このケガが多いと思います!!

 

ラグビーにケガは付き物ですけど、擦り傷、骨折等はケガじゃないですね!!笑笑

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村