KEN-BOOUのブログ

毎日1記事を目指してコツコツ記事投稿していきます。

香港人権法案は可決へ向かうのか

スポンサーリンク

香港人権法案可決へ

 

f:id:ken-bookun:20191120154838j:image

参考https://mainichi.jp/articles/20190610/k00/00m/030/023000c

 

両院協議会で法案の調整が行われ、大統領の署名を得て成立となり、大統領が署名を拒否した場合でも両院の2/3の賛成で法案は成立する事となっている。

しかし、米上院が全会一致で可決へ向かった。

これにより、米上院が香港でも支援を支持し中国政府の介入をけん制するのが狙いとみられ、成立した後に、中国との反発はより一層過激になりそうだ。

 

中国が香港を支配するなら経済制裁を与えると言う様なトランプ制裁だ。

 

また、米国は一国二制度を基に、ビザの発給や関税などて香港を中国よりも優遇し、香港人権法案は国務省に対し、この措置を継続するかどうか、今後の香港を通じた貿易に依存している中国の貿易への影響も考えられる。